オークラはなぜ今、建て替えを決めたのか 背中を押したのは東京五輪だけではなかった

拡大
縮小

公然の秘密だった建て替え話

画像を拡大
建て替え後の完成予想図

オークラの建て替え話は、最近になって出てきたものではない。築50年を超す現本館はいずれ建て替えが不可避。実は1年ほど前から、オークラの営業部隊の最前線では1~2年後の法人宴会など足の長い予約を受けないようになっていた。建て替えに向けた動きは、業界では公然の秘密だった。

それでも、今回の決断に至るまでには、いくつかのネックがあった。1つは、人手不足に伴う建築費の高騰だ。さらに、建て替え工事が進められる来年夏から3年半の間、増え続けるインバウンド(訪日外国人客)需要を取りこぼしてしまうことも懸念材料だった。

建て替え期間中の収入減も、二の足を踏ませる要因だ。再開業後に高水準のサービスを維持するには、既存の人員を維持するのがベスト。ただし、人件費率の高いホテル業界では、売り上げが減少すれば、たちまち人件費などの固定費が重荷となり、赤字転落に直結しかねない。

こうした不安を払拭したのが、2020年に開催が決まった東京オリンピックだ。中長期的にインバウンド需要が拡大する中で、オリンピック前に開業できれば、プレイベントを含め、要人招待で新しいオークラを世界にアピールできる。

オークラを後押ししたのは、それだけではない。2010年に買収したJALホテルズの存在も大きかった。買収当時は経営効率の悪かったJALホテルズを傘下に収めることを疑問視する向きもあった。が、今回の建て替えに際しては、東京本館で発生する余剰人員をグループ内で融通できる余地が広がったとも見ることができる。2002年に出資した京都ホテルにも出向させる可能性もある。

次ページ近年は勢いに陰りが…
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT