沖縄でも激化する「外資系ホテル戦争」

マリオット、リッツに続きヒルトンが新規開業

7月2日にオープンしたヒルトン沖縄北谷リゾート。客室の8割がオーシャンビューになっている

一面がガラス張りになったエントランスロビー。その外には水が流れ、遠方の海岸線と一体化して見える。「海辺に沈む夕日の眺めがすばらしい」。レイチェル・デイビッドソン総支配人は誇らしげに語る。

世界的なホテルブランドの代表格、ヒルトン・ワールドワイドが運営するヒルトン沖縄北谷リゾートが7月2日、オープンした。総客室数346室は沖縄では標準的な規模だが、全体の8割にあたる286室が海沿いのオーシャンビューだ。

屋内外のプールは家族連れでも楽しめるうえ、フィットネスセンターやスパも完備。室内装飾には地元の意匠が織り交ぜられ、従業員のユニフォームもエイサーの帽子や紅型(びんがた)の帯がデザインされている。

立地するのは、那覇空港から車で40~50分の場所。ショッピングモール「美浜アメリカンビレッジ」に隣接し、本島のほかの観光地へのアクセスもよい。

2012年にはリッツが進出

北谷リゾートは、ヒルトンにとって1984年に一度撤退した後、2012年に再進出してから2軒目となるホテルだ。東京都心部では“雨後の筍”のように外資系ラグジュアリーホテルが林立しているが、近年、沖縄でも同じような状況になりつつある。

次ページなぜ外資進出が相次ぐのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT