沖縄でも激化する「外資系ホテル戦争」

マリオット、リッツに続きヒルトンが新規開業

画像を拡大
ザ・リッツ・カールトンの客室。屋外に部屋専用ジャグジーがある

北谷の北に位置する名護市喜瀬には、2012年にザ・リッツ・カールトン沖縄がオープンした。ザ・リッツ・カールトンとしては国内4カ所のうち3番目、リゾート地では初の開業だ。

同ホテルは県内流通大手、金秀グループが開業した高級ホテル「喜瀬別邸」からブランド変更した。それまでは“大人の別邸”を標榜していたために16歳未満が利用できなかったものを、家族連れにも開放。ホテル棟にはほとんど手を加えていないが、プールに浅い部分を作ったり、テラスの水辺に柵を設置したりした。別棟のスパは改装して、全国一の評価を受けているという。

2013年度は外国人6割増

外資系ホテルが相次いで沖縄で新規開業している一因は、沖縄を訪れる外国人観光客の増加だ。2013年度は62万7200人と、実に前年より64%も多くの外国人が沖縄にやってきた。

日本人にとっては夏のリゾートの定番として押しも押されもせぬ地位を築いた沖縄だが、「国際的には、まだまだリゾートしての認知度が低い」(リッツ・カールトン沖縄の吉江潤・総支配人)。そのため、東京や大阪に比べると、沖縄には外資系ホテルが少ない。

宿泊客の構成も、大都市圏の外資系ホテルであれば通常、日本人と外国人の比率は半々ぐらいだが、リッツ・カールトン沖縄は外国人が2割程度。これは、沖縄を訪れる観光客に占める日本人と外国人の比率にほぼ等しい。

今後はフォーシーズンズなど、ほかの外資系ラグジュアリーホテルの沖縄進出もうわさされる。「むしろ、どんどん出てきて欲しい。世界にリゾート地としての沖縄の認知度が高まるからだ」と、吉江総支配人は期待を寄せる。

次ページ受け入れる沖縄側にも変化が
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT