厳しい「しつけ」で子どものやる気を奪う親の盲点

「しつけ」と「押しつけ」の決定的な違い

子どもに厳しくした結果、物事に積極的に取り組もうとしなくなった。子育てにおける、「しつけ」と「押しつけ」の決定的な違いとは(写真:buritora/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

小学校1年生の母です。小学校入学後、親の焦りで勉強を習慣づけたいあまり、厳しく叱り、「やることをやらないなら楽しいことはできない」「嫌なことから逃げたらダメだ」と夫婦で厳しく教えこんできてしまいました。最近では、学校の宿題に限らず、生活のいろんなことを積極的に取り組もうとしなくなってしまいました。しつけと押しつけの差がわからず、また親が導いていくべきところと放任との境目がわからず、子どもと向き合うのが怖いです。どのようにすればいいでしょうか。
(仮名:小幡さん)

人によって基準が異なる「しつけ」と「押しつけ」

子育てにおける「しつけ」と「押しつけ」、その違いを区別することは難しいですね。親が「しつけ」と思っていても、子どもには「押しつけ」と受け取られていることも多いでしょう。

この連載の記事一覧はこちら

親によっても、その認識はまちまちです。「人がいるところでは騒がない!」と叱る親を見て、あの親はしっかりしつけていると思う人もいれば、人様の迷惑になっていないのだからやりすぎでは、と思う人もいるでしょう。

また、学習習慣をつけることは「しつけ」の一環として考える人もいますが、やりたくない勉強を無理矢理やらせることは「押しつけ」と考える人もいます。つまり、人によって、しつけなのか押しつけなのか、その基準はかなり異なります。

一般的に「しつけ」とは、人間社会の規範や規律、礼儀作法、慣習にあったことができるように訓練することを指します。生活の中における教育、という意味も持ちます。

しつけ自体が虐待を意味するという専門家もおり、否定的に言われることもあります。しかし子どもが将来、自立した社会生活を送るために生活上の教育は必要で、それ自体を否定する人は少ないのではないでしょうか。

問題は、そのあり方がわからず、親子間で多くすれ違いが起きてしまうことです。いったいどうすればいいのか。以下、筆者がこれまで5年間で7000人以上の保護者の相談を受けてきたケースから、考えてみたいと思います。

次ページ「しつけ」と「押しつけ」の決定的な違い
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT