簡単に子どもを勉強嫌いにさせる「3つの要素」

ゲームばかりやるのには理由がある

どうすれば子どもは自分から勉強するようになるのでしょうか? (写真:つむぎ/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

中1の男の子がいます。勉強より遊び(ゲーム)が好きな子であるため、いつも私が勉強するように促さないとやりません。このままではまずいと思い塾に入れましたが、宿題もままならないため先生から怒られてばかりで、塾にも行きたがりません。私がスケジュールを作ってやらせても、いつも私が見ていられるわけではないため、継続できません。どのようにすれば子どもは自分から勉強するようになるのでしょうか。
(仮名:斎藤さん)

子どもはなぜ勉強をしたがらないのか?

「うちの子、ゲームばかりで勉強しないんです。どうしたらいいですか?」

こうした相談が後を絶ちません。以前からこのような相談はありましたが、新型コロナによる長期休校でこの種の相談が激増し、この不規則な夏休みでさらに増えています。

相談全体の実に9割がこのタイプのもので、そのたびにさまざまな方法について個別に返信してきましたが、今回は斎藤さんの質問にお答えする形で、全体を網羅する最も根本的な回答をしたいと思います。

「子どもはなぜ勉強をしたがらないのでしょうか?」

この連載の記事一覧はこちら

まずはこの疑問について考えてみましょう。おそらく子どもから返ってくる言葉として「つまらないから」「面白くないから」というのが圧倒的ではないかと思います。筆者が主催するMama Caféという親のコミュニティーでも、この回答が大半を占めています。

では、それが理由であるとしたならば、次の質問です。

「なぜ、そのようにつまらない、面白くない勉強をやらせようとするのでしょうか?」「嫌がっていることをなぜ無理矢理やらせるのでしょうか?」

次ページその質問への答えは…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT