就活生は怒っている「企業に改善してほしい行動」

不合格の連絡なしや音声の調整不足に不満募る

就活生は企業の採用活動に対していろいろな不満を感じている(写真:IYO/PIXTA)

就活を経験した学生に「企業に改善してほしいこと」を問うてみた。「改善してほしいこと」は「不満を持ったこと」という意味でもある。

ここでは、学生が就活で不満をいだいた企業側の行動を紹介していきたい。内容はいずれも、2021年6月に実施した「楽天みん就」会員を対象にした「2022年卒就職活動動向調査」の回答結果だ。

内容はいくつかのパターンに分類される。昨年に引き続いてオンライン選考が多かったので、企業側のオンライン対応のまずさをあげる学生はかなり多い。学生を見下す面接担当者は相変わらず多く、質問内容も家族や恋人などのコンプライアンス違反があり、改善を求める意見もある。

「改善してほしいこと」は多様だが、最も多いのは「選考結果の連絡」だ。とくに不満があらわなのは「サイレント」だ。学生は本気で怒っている。学生には「時間を守れ」「約束は守れ」とマナーを要求するのに、学生に不合格の通知をしない企業は多い。

「お祈りメール」すらない

新卒採用には独特の用語があり、「サイレント」もその1つだ。「お祈りメール」という言葉もある。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」はこちら

「お祈りメール」は10数年前に登場した言葉。不合格学生への通知メールの末尾にある「今後のご健闘をお祈り申し上げます」という文章から生まれた。通知を受けた学生は「祈られた」「お祈りされた」と就活口コミサイトに投稿し、「お祈りメール」という言葉が広まっていった。

それから何年か経った2010年代半ば近くになると、「お祈りメールを出すのも面倒」という企業が増えていき、「合格者のみにご連絡します」として、お祈りメールすら届かない学生は不合格かどうかがわからないことに戸惑い、不安になることが増えていった。「いつまでに」と連絡期限を切る企業もあるが、それすら開示しない企業もある。合格者が辞退した場合に備えて、合否を明らかにせず補欠候補者としてプールする意図の企業もある。

学生の投稿を見ると「選考結果をサイレントにすることはやめてほしい」(文系・上位私立大)、「サイレントお祈りはやめてほしい」(理系・上位国公立大)という表記になっており、サイレント、サイレント通知、サイレントお祈りという用語が併存していることがわかる。

次ページ「落ちたかもしれない」と不安が募る
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT