「給料が高いのに残業が少ない」209社ランキング

平均年収650万円以上、月残業15時間以下が対象

「残業が少なく平均年収が高い会社」のトップは住友商事。本社は東京大手町の大手町プレイス イーストタワーにある (写真:yama1221/PIXTA)

6月に入り採用選考活動が佳境を迎え、就活生は面接が中心となっている。就活生の中には内々定を得た人も多い。リクルート就職みらい研究所の就職プロセス調査によれば5月15日時点の就職内定率は59.2%と、一昨年(2020年卒)と同水準となっている。

インターンシップの存在感高まる

一方、2023年の就職を目指す大学3年生にとっては、夏のインターンシップのエントリーの受け付けが始まる。ここ数年、就職活動においてインターンシップや、「1日仕事体験」の存在感は高まっており、マイナビの調査では、インターンシップの参加は8割以上となっている。

『就職四季報』(企業研究・インターンシップ版)特設サイトはこちら

今の時期に聞こえてくる声は、4年生、3年生ともに「会社の選び方」があげられる。前者は、エントリーしている会社の選考がピークを超え、内定の状況次第では持ち駒を増やす必要がある。後者は、インターンシップにエントリーする際、どういった会社を選べばよいかわからないからだ。

会社の選び方は、就活生それぞれの考え方によって変わってくる。ただここでは、会社選びのひとつの軸として、「残業時間」と「年収」に着目したランキングを紹介したい。

次ページ1位は住友商事
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT