「優秀な学生しか入れない」イメージの会社TOP20

伊藤忠が他を圧倒、コンサルや広告も上位に

伊藤忠商事は「優秀な学生が内定を取るイメージが最も強い企業」の調査で首位。2位以下に圧倒的な差をつける(撮影:梅谷秀司)

新卒採用を担当する人事が気にするのが「就職人気ランキング」だ。採用・就職支援を行う企業が、学生が「いい会社」と考え「入社したい」と志望する企業を調査・集計して発表しており、理系・文系、男子・女子などのカテゴリー別のデータも公開されている。願望や高望みも少なくないはずだが、「もしかしたら内定をもらえるかもしれない」という可能性のある企業に投票している。

今回紹介するのは、少し趣が異なり「あなたの志望の有無にかかわらず、優秀な学生が内定を取るイメージが最も強い企業を1社お選びください」という設問だ。自分ではなく、「優秀な学生」が内定をもらえる企業を想定してもらっている。自分が「入りたい」「入れるかもしれない」企業ではなく、「自分より優秀な学生だけが入れる」企業を問うている。この調査で、学生が考える就職難関企業が見えるはずだ。

エアラインは急降下

この調査は、HR総研が2022年卒の「楽天みん就」の会員学生を対象にして今年の3月に実施した調査の結果だ。1人1社にしか投票することはできず、1票の重みは重い。

「就職人気ランキング」企業は長期的に見ると変動するが、短期的、中期的には安定した顔ぶれだ。かつてトップグループの座に君臨していたメガバンクやマスコミ系は下降傾向にある。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」はこちら

強さが目立つのは総合商社、コンサル系、IT系だ。メーカー系ではソニー、トヨタ自動車、パナソニックが常連だ。また、食品・飲料メーカーの人気は高位安定している。コロナ禍以前は運輸系、とくに航空2社(ANA、JAL)の人気は絶大だったが、現在は急降下している。

「優秀な学生が内定を取るイメージが最も強い企業」も、少しこのような傾向を持っている。ただし、「就職人気ランキング」企業のすべてが「優秀学生=内定イメージ」と判断されるのではない。就職難関企業と判断される最大要因は「学歴」だと思う。実際に東大や早慶大ばかりを採用しているかはどうかはともかく、学生たちが「高学歴でなければ入れない」と思い込んでいる企業がある。

次ページ学生はどんな情報から判断しているのか
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT