女子就活生1.5万人が選ぶ就職人気ランキング

1位伊藤忠、2位明治グループ、コロナ禍影響顕著

女子就活生が選んだ就職人気企業とは (写真:jessie/PIXTA)

文部科学省と厚生労働省が調査・発表している「大学等卒業予定者の就職内定状況」によると、今春卒業した2021年卒の就職内定率は2月1日時点で89.5%。これを男女別に見ると、男子88.1%に対し、女子は91.2%と、女子就活生のほうが3.1ポイント高い。

最終的な内定率は女子就活生のほうが高い

女子就活生の就職率が高い現象は、ここ数年続いている。同じ2月1日時点の就職率でみても、2013年卒以降ずっと女子の就職率が男子を上回る。就職の序盤は、男子学生が多い理系の内定が早く出るため、男子就活生の就職率が高いが、徐々に差がなくなり、最終的には女子就活生の内定率が高くなる。コロナ禍の就活でもその傾向は大きく変わっていないようだ。

ただ、志望する企業や業種は、コロナ禍によって大きく変わった。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」スタート。特設サイトはこちら

4月4日の配信記事「2.5万人の就活生が選ぶ『就職人気ランキング』」で、来春卒業予定の2022年卒生の就職人気企業を紹介した。同時に男女別、文理別といった属性別のランキングも作成している。今回は女子就活生1.5万人に絞った「就職人気ランキング・女子学生版」の上位100社からその傾向を探っていきたい。

文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所では毎年、興味を持っている企業を就活生に尋ねる「就職ブランドランキング調査」を実施し、定期的に発表している。

次ページエアラインは軒並み圏外
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT