「コロナ禍の就活に失敗する人」の5つの特徴

「とりあえず様子を見よう」では手遅れになる

コロナ禍の就活がうまくいかない人の特徴とは (写真:EKAKI/PIXTA)

共同通信社によると、2022年卒入社の新卒採用に関して、採用数を2021年度実績より減らすと回答した企業は、110社中24社(22%)に上ったという。コロナ禍の影響が直撃した2021年度は、半数近くの企業が採用実績を減らしており、不況が続く業界を中心に引き続き採用を控える動きが続いている。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」スタート。特設サイトはこちら

筆者は、UZUZという就職エージェント会社で、新卒から20代の若手社会人向けの就活サポートを行っている。現場で2020年に始まったコロナ禍の影響を見ていると、共同通信社の調査同様、企業は新卒採用に慎重な姿勢を維持しており、しばらくは採用ハードルが上がることが予想される。

そのため、何となく就活するのではなく、「コロナ禍に合わせた就活」にシフトしなければ、就活をうまく進めることができないと考えている。ここでは、現場で就活サポートをしていて感じる「コロナ禍で就活がうまくいかない人の特徴」を紹介することで、就活生に少しでも警鐘を鳴らせたらと思う。

コロナ禍で就活がうまくいかない人の特徴

1. 情報収集が「口コミ」に偏重

就活において、情報収集は確かに大切だ。しかし、情報収集はあくまでも「行動するため」に必要なものであって、「情報収集で行動が完結(情報収集ばかりで行動がともなわない)」してしまってはいけない。また、情報収集のやり方を間違えると、収集した情報によって、行動から遠ざかってしまうおそれすらある。

現場で就活サポートをしていると、情報収集によって求人企業への不信感が募り、エントリーできずに活動が止まってしまっている人と会うことがある。特に「口コミ」にばかりにかたよった情報収集を行っている人は、企業のネガティブな情報ばかりを目にしてしまい、どの企業もブラック企業に見えてしまう。

次ページネガティブな情報ばかりの「口コミ」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT