2.5万人の就活生が選ぶ「就職人気ランキング」

1位は2年連続で伊藤忠、総合商社に人気集まる

2022年卒生の就活前半の投票で集計した就職人気ランキング。1位は2年連続で伊藤忠商事となった (撮影:梅谷秀司)

「危機感が半端ない」。ある就職情報会社の担当者は就活生のマインドをそう表現した。もちろん原因は、コロナウイルスの感染拡大だ。

今、大学4年生や大学院2年生になったばかりの2022年卒生の就職活動が本格化しているが、その1年先輩の2021年卒生が苦しい活動を経験したこともあり、不安が広がっている。

広がる就活生の危機感

文部科学省・厚生労働省が発表する大学生の就職内定状況によると、2021年2月1日時点の就職率は前年同期比2.8%減の89.5%。2011年卒生の77.4%と比べるとまだまだ高い水準にあるが、10年ぶりに内定率が減少している。就活生の間では、「さらに採用数が減少し、内定率が下がるのでは」と、不安が広がる。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」スタート。特設サイトはこちら

すでに、外食や旅行、鉄道・エアラインなどの企業を中心に採用を中止、もしくは採用数を大幅に減らすことが表明されている。今後、コロナ禍が長引き、景気への影響が鮮明になれば、さらに採用数を抑える企業が増えていくと思われる。

また、オンライン就活が常態化してきており、企業探しや面接対策など、これまでとは違う対応が求められていることも、就活生の不安を増幅させる要因になっている。

そんな中、就活生はどんな企業を注目しているのか? 文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所では毎年、就活生に興味を持っている企業を尋ねる「就職ブランドランキング調査」を実施し、定期的に発表している。その結果から、就活生の関心が高い企業をランキング形式でまとめた。

調査対象者は、就職サイト「ブンナビ!」に登録する現在就活中(2022年春卒業予定)の大学生や大学院生で、登録者のうち、大学名を問わず2万5000人以上が回答している。調査期間は2020年10月1日から2021年3月15日まで。「前半」とあるのは、同調査が年に2回実施されているからで、調査をあこがれやイメージが強い就活の「前半」と、実際の説明会や面接を経た「後半」とを分けることで傾向の違いを分析している。

次ページ伊藤忠は女子ランキングでも1位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT