経営が安定的で平均年収が高い中堅企業136社

従業員1000人未満で自己資本比率50%超が対象

経営が安定的で平均年収が高い中堅企業ランキングのトップはイー・ギャランティ。東京・赤坂の赤坂Bizタワーに本社を構える企業向けの信用保証会社だ (写真:SUYA/PIXTA)

3月から、「採用の広報活動」が解禁される。ここから、就職活動が本格化することになる。会社説明会や面談や面接など、事実上の選考が進んでいく。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」スタート。特設サイトはこちら

そんな中、新型コロナウイルスの影響で経済活動が疲弊し、打撃を受けた会社も少なくない。こうした状況を踏まえて経済危機にも耐えうる安定性の高い会社を探したい就活生は多いだろう。

財務の安全性を表す指標として自己資本比率がある。自己資本比率は総資産に占める自己資本の割合で、内部留保(利益剰余金)などが多ければこの数字は高くなり、安定しているといえる。逆に借入金(有利子負債)などが多いと、自己資本比率は下がり、経営が揺らぐ可能性が比較的高まる。

自己資本比率の平均は42.1%

財務省の「法人企業統計調査」(2019年度)によると、金融業を除いた自己資本比率の平均は42.1%だった。業種によって平均は異なるが、自己資本比率が50%以上あれば安定的な会社といえるだろう。

今回、『就職四季報2022年版』(優良・中堅企業版)掲載会社から、従業員数1000人未満で、平均年収700万円超、自己資本比率50%超の企業を抽出した。「経営(財務)の安定性が高く平均年収が高い中堅企業」を紹介したい。就職活動をはじめると、まずは大企業ばかりに目がいってしまうが、中堅企業にも優良で待遇がいい会社は多くある。

次ページ1000万円超は5社
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT