最新版「給料が高く新卒が辞めない会社」TOP200 平均年収800万以上で離職率が低い会社を抽出

印刷
A
A
新卒の3年間の定着率が100%で最も年収が高かったのが朝日放送テレビだ (写真:白熊/PIXTA)

例年、夏休みにインターンシップが多くの会社で実施されるが、2020年は採用活動の長期化やコロナ禍により延期・中止が相次いだ。しかし、秋からオンラインや対面で実施するようになり、2022年卒生(現大学3年生、大学院1年生)は、今の時期でも応募や参加が就職活動の中心になっている。

新卒3年内離職率は3割が平均値

インターンシップへの参加も重要だが、会社研究も並行して始めていってほしい。その中で「離職率」は就活生だけでなく会社も気になる項目だ。

厚生労働省が2020年10月に公表した「新規学卒就職者の離職状況」によると新規大卒就職者の就職後3年以内離職率は、32.8%と前年比で0.8ポイント悪化している。3年以内離職率は、過去20年ずっと30%前後で推移しており、3年で離職率3割と考えていいだろう。ただ、業界や従業員規模によって平均値が異なるので、志望業種が固まった段階で、改めて確認してほしい。

『就職四季報』特設サイトはこちら

例えば、電気・ガス・熱供給・水道業(3年内離職率11.4%)や鉱業、採石業、砂利採取業(同14.0%)は20%未満だが、教育・学習支援業(45.6%)、生活関連サービス業、娯楽業(46.2%)、宿泊業、飲食サービス業(52.6%)と、3年以内離職率が40%を超す業種もある。従業員規模別の3年以内離職率をみると、500~999人(29.9%)と1000人以上(26.5%)が平均より低いが、それ以外は平均よりも離職率が高く、従業員数が少ないほど離職率が高くなる傾向がある。

次ページ定着率100%は25社
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT