「優秀な学生しか入れない」イメージの会社TOP20

伊藤忠が他を圧倒、コンサルや広告も上位に

広告業界には制作会社も含まれるが、広告代理店を指すことが多い。その人気は数十年前から高く、今も続いている。学生が憧れる理由は、メディアへの露出という華やかなイメージだろう。出版・新聞・テレビ業界の人気とかぶっていると思う。そして、広告業界を代表するのが「電博(デンパク)」だ。今回の調査でも6位電通(総合19、文系15、理系4)、20位博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ(総合5、文系4、理系1)がランクインしている。

広告代理店はテレビ、新聞、雑誌、インターネットなどのメディア(媒体)への広告を扱う。サイバーエージェントのようにインターネット広告に特化した広告代理店もあるし、電博のようにすべてのメディアを扱う代理店もある。

しかし、広告だけを扱っているわけではない。オリンピックのような大型イベント、大規模空間プロデュース、都市開発などのプロジェクトにも関与している。そして、広告業界の中でもとくに電通が得意とするのが、大型予算がつく未来社会開発プロジェクトだ。学生はよく理解して、電通に憧れている。

「広告業界の最大手であり、採用人数も少なく、年収も高く、世間的な評判も高いため、優秀な人材が多く集まる印象が強い」(文系・早慶大クラス)

採用活動はマーケティング

「優秀な学生が内定を取るイメージが最も強い企業」とは、学生が考える「就職最難関企業」と言ってもいい。商社や広告代理店などは昔からの難関企業だ。新興の難関企業もあり、代表格がアクセンチュア、楽天、キーエンスだ。1位伊藤忠商事の座は当面揺るぎそうにないが、アクセンチュアなどの名前も上位を占めるだろう。今回の調査では17位だったアビームコンサルティング、サイバーエージェントも常連になりそうだ。

上のロゴをクリックするとHR総研のサイトへジャンプします

10年前に学生の多くが知らなかった企業が上位を占め始めた背景に、口コミ情報がある。ひとつの口コミから連鎖が始まり、消えることがない。一度話題になるとずっと話題になって知名度が上がっていくように見える。

採用活動はマーケティングでもある。学生に自社イメージを醸成してもらい、志望度を上げてもらう。これまでは採用ホームページや就職ナビのコピーやビジュアル、若手社員の人選を工夫すればよかった。しかし、学生の口コミは制御できない。採用人事の頭痛の種になりそうだ。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT