「優秀な学生しか入れない」イメージの会社TOP20

伊藤忠が他を圧倒、コンサルや広告も上位に

インターネットを背景に急成長を続けているGAFAは、いずれも若い企業だ。Appleは1970年代に誕生しているが、その他は2000年前後に誕生している。日本にもITとネットによって急成長した若い企業がある。3位楽天(総合43、文系37、理系6)と17位サイバーエージェント(総合6、文系3、理系3)は、1990年代後半のスタートで歴史は20数年と浅い。

楽天は楽天市場、サイバーエージェントはアメーバブログやABEMAで知られているのだろうが、実際は多角的な事業構造を持っている。そして、楽天が有名になった理由はビジネスの成功だけではない。2010年に「英語公用語化」を宣言し、実践したことが大きい。そして楽天は、グローバル企業のイメージをまとった。学生にとっては「語学力採用」に対する関心が強い。

「社内の公用語が英語だから」(文系・中堅私立大)

「グローバルに活躍できる学生が内定をもらえるイメージだから」(文系・早慶大クラス)

キーエンスは“例外的存在”

4位キーエンス(総合30、文系14、理系16)の特色は、他と比べて一般的な知名度の低さだ。TOP20の中では例外的な存在だ。工場自動機器向けのセンサーや計測機器を手がけるBtoBメーカーであり、一般人が手にする製品ではないため、この会社を知っている人は極めて少ない。学生は知っていても、その親は知らないかもしれない。

TOP20にはメーカーが多く、キーエンス以外にも8社ある。業種はさまざまだが、すべて大量にCMを流している、一般消費者にも馴染み深いメーカーばかりである。5位ソニー(総合23、文系10、理系13)、8位味の素(総合16、文系10、理系6)、9位トヨタ自動車(総合15、文系5、理系10)、10位資生堂(総合11、文系5、理系6)、13位富士通(総合8、文系6、理系2)、13位任天堂(総合8、文系4、理系4)、13位旭化成(総合8、文系1、理系7)、20位パナソニック(総合5、文系4、理系1)となっている。

こういう有名企業を押さえて、4位がキーエンスだ。ソニーよりもトヨタ自動車よりも上位である。なぜ学生には知れ渡っているのか? その秘密は給与である。

「年収が高いため優秀な人材が揃っているイメージがある」(文系・早慶大クラス)

就職に関する条件で最もわかりやすいのは「給与」だ。そして、Googleで「日本一給与が高い企業」を検索すると、「キーエンス」が表示される。ただし、昔から有名だったわけではない。キーエンスの知名度がここまで上がったのはここ数年の出来事だ。そして、一度「日本一」という評判が立つと、それが拡大再生産されていくのだと思う。

ソニーについては説明する必要はないだろう。iPodが発売された2001年まで、携帯音楽プレーヤーの代名詞がソニーのウォークマンだった。いまもソニー製品を愛好する人は多いだろうが、1980年代、1990年代までソニー製品には多くの信奉者がいた。Apple創業者でiPhoneの生みの親であるスティーブ・ジョブズもソニー製品の愛好家だった。そういう製品に対する信頼や伝説は今も健在だ。

「私たちにとっても馴染みが深く、優秀なイメージが強い。名前を目にすることが多い」(文系・中堅私立大)

次ページ広告業界は根強い人気
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT