「優秀な学生しか入れない」イメージの会社TOP20

伊藤忠が他を圧倒、コンサルや広告も上位に

社名とともに票数に着目してもらいたい。12位までは2桁以上だが、13~20位は1桁と、大きな差がある。とくに1位の伊藤忠商事は総合133票、文系102票、理系31票と他を圧倒している。

総合商社と呼ばれる企業は7社あり、かつては財閥系(三菱商事、住友商事、三井物産)の就職人気が高かったが、近年は伊藤忠商事が高位安定している。今回の調査では6位三菱商事(総合19、文系11、理系8)と17位三井物産(総合6、文系4、理系2)がTOP20に入っているが、票数では大きな差がある。

学生コメントでは、「高学歴」「高倍率」「学歴フィルター」という言葉が目立つ。意図的かどうかはわからないが、新卒採用市場において伊藤忠商事は、「高学歴採用の難関企業」という図式が定着しているように見える。志望する学生は自信があり、「ひとつ試してやろう」というチャレンジングな学生が多いだろう。こういうタイプは商社向きで、伊藤忠の欲しい人材タイプだと思う。

「規模の大きい商社で、高学歴の社員が多いイメージがある」(文系・早慶大クラス)

「学歴フィルターがあるため」(文系・上位私立大)

SNS上での露出が多い

2位は、外資系コンサルのアクセンチュアだ。伊藤忠商事には遠く及ばないが、総合で60票(文系43、理系17)はかなり多い。コンサル・シンクタンクでは、10位に野村総合研究所(総合11、文系5、理系6)、17位にアビームコンサルティング(総合6、文系5、理系1)がランクインしているが、アクセンチュアとの差は大きい。現在のアクセンチュアの知名度は圧倒的だと言っていいだろう。

かつては激務で知られており、高倍率、トップ校採用でも有名だ。

「外資のコンサルティングファームは、若手のうちから激務で大変そう、かつ日々の勉強が非常に求められる職種だと思うから」(理系・旧帝大クラス)

「トップ校しか採用していないイメージ」(理系・早慶大クラス)

「倍率が非常に高いことで有名であり、周囲でも目指したいが応募を諦めた友人もいる」(文系・上位国公立大)

アクセンチュアの名前はSNS上でよく見られるものらしい。同社を志望する学生のネット活動量はかなり多そうだ。

「早期選考があり、SNS上で内々定情報が出回っている」(理系・上位国公立大)

次ページ 歴史は浅いが存在感が大きい楽天
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT