《プロに聞く!人事労務Q&A》機構改革に伴ってパートを解雇する際の注意点は?

《プロに聞く!人事労務Q&A》機構改革に伴ってパートを解雇する際の注意点は?

 

回答者:鈴木社会保険労務士事務所 鈴木ひろみ

質問

 弊社では、機構改革を行うことになりました。これに伴い、60歳以上のパート社員(弊社OB)に対して、2カ月の猶予期間をもって辞めていただこうと考えています。 この場合、パート社員に対して、文書と口頭で通知するだけで十分でしょうか? また、2カ月の猶予期間があるので、解雇予告手当は支払わなくてもよいでしょうか? そのほか、パートや契約社員を解雇するときの注意点を教えて下さい。(サービス業・人事担当)

回答  

【1】解雇にはルールがあります。
解雇は、会社の一方的な意思表示により労働者の地位を失わせる制度です。安易に解雇が許されれば、労働者の地位は非常に不安定になってしまいます。そこで、(1)解雇の時期、(2)解雇の手続、(3)解雇の事由ついて、法的規制を設けています。

(1)解雇の時期
労働者が業務上の傷病による療養のために休業する期間およびその後30日間、産前産後の女性労働者が労働基準法第65条の規定により休業する期間およびその後30日間は、原則として解雇が禁止されています。

(2)解雇の手続き
労働者を解雇しようとするときは、原則として30日前までに予告をするか、もしくは30日分以上の平均賃金(解雇予告手当)の支払いをしなければなりません。

(3)解雇の事由
解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして無効となります。

なお、パートタイマーや契約社員も正社員と同じ労働者ですから、解雇ルールの適用を受けますので、忘れないでおきましょう。

【2】有期契約労働者の解雇
期間の定めのあるパートタイマーや契約社員等の場合は、通常、その契約期間の満了によって、契約の効力は終了します。契約期間の満了にあわせて会社を辞めてもらう場合は、解雇には該当せず、雇用契約期間の終了による雇い止めとなります(この場合、特に辞めてもらう理由は不要です)。

しかし、期間の定めのある雇用契約期間が反復更新されてきた場合等は、雇い止めの意思表示は、実質上解雇の意思表示に当たるため、解雇に関する法的ルールが適用されます。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT