「共感した!」を表現する、新しい投資スタイル

マイクロ投資「セキュリテ」が切り開く応援型投資

 モノがあふれている社会で、売り手はいかにしてモノを売るか。そして、モノに囲まれている私たち買い手が、モノを買う理由とは何なのか。マザーハウス副社長の山崎大祐が、これからの時代の「モノの買い方、売り方」を考えていく。

 

「何のために貯蓄・投資をしますか?」と聞かれれば、ほとんどの人は、「おカネを守るため」もしくは「おカネを増やすため」と答えるでしょう。今更、何を言っているんだ、と言われそうな質問ですね。

しかし、今回、紹介するファンドに投資をしている皆さんの答えは違います。「事業を応援したいから」「事業者の考え方に共感したから」「仕組みに共感したから」。このファンドの投資家で、「利益が出そうだから」という動機を持って投資している人は、とても限られているのです。そのファンドとは、ミュージックセキュリティーズが展開するマイクロ投資プラットフォーム「セキュリテ」です。

「セキュリテ」ホームページのトップ画像

「モノを買う」以上、「働く」未満

「投資というのは、好きな会社を応援する方法として、『モノを買う』以上、『働く』未満、なのではないかと考えています。何かを応援するためにモノを買うだけではなく投資をする、という考え方を広げたいのです」と、ミュージックセキュリティーズ取締役で、「セキュリテ」を担当する猪尾さんは言います。

この「セキュリテ」、仕組みとしてはシンプルです。ホームページを見ると、「地元の特産品を開発するモノづくり」だったり、「老舗旅館の離れの改築」だったり、「地域のスポーツチームを支えるファンド」だったり、さまざまな事業がその詳しい内容とともに掲載されています。

次ページ事業者訪問ツアーが人気
人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。