ミスターミニット、29歳落下傘社長の現場魂

トップダウンの理念より、現場からのアクション

 モノがあふれている社会で、売り手はいかにしてモノを売るか。そして、モノに囲まれている私たち買い手が、モノを買う理由とは何なのか。マザーハウス副社長の山崎大祐が、これからの時代の「モノの買い方、売り方」を考えていく。

 

「事件は会議室で起こっているんじゃない。現場で起こっているんだ!」

モノがあふれた時代にモノを売るサービス業や小売りでは、現場が最も重要である。これに対して異論を唱える人は少ないでしょう。

では、本当に現場の力を最大限、生かせているでしょうか? それに対して自信を持って「YES」と言えるマネジメント層は、そう多くないはずです。かくいう私も現場との関係性に日々悩んでいる者のひとりです。

今回、この連載でご紹介したいのは、靴修理などをメインとしたサービスを手掛けるミスターミニットです。ミスターミニットを展開するミニット・アジア・パシフィックは、今年4月1日付で新しい社長が就任したのですが、新社長の迫俊亮さんはなんと弱冠29歳。それも1年半前にファンドから落下傘的に送り込まれて来たのでした。

ミスターミニットは、日本を中心にアジアで約540店舗を展開、約800人の従業員を抱える、靴修理業界では大手の老舗です。そこに29歳、それもファンドから送り込まれた人が社長になったら、現場とうまくやっていけるのだろうか? 現場とどのようにコミュニケーションを取っていくのか? そんな素朴な疑問が湧いてきました。そこで、迫さんに直接、その疑問をぶつけたいと、マザーハウスカレッジで対談させていただきました。

マザーハウスカレッジの様子。迫俊亮さん(写真左)はもともとマザーハウスで4年間働いていた
次ページ「正しいことは言わない」と決めた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。