小学校4年の長男が問題行動、どうすれば?

今日から"親子関係正常化作戦"の開始を

 グローバル化が進む中、親たちは、子供を世界で通用するエリートに育てるため、日々、努力を重ねている。しかし、若手マザーの中には、子育ての仕方がわか らず、周りの助言にも恵まれないケースも多い。そこで、ベストセラー『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』の著者であるムーギー・キム氏の母親で、子供を国際弁護士、国際金融マン、海外著名大学教員、公認会計士に育て上げた 著者が、読者の皆様からの子育て相談に回答する。 

 

【ミセス・パンプキンへの子育て相談】

写真:アフロ
 私には小学4年生の長男、武雄(仮名)、小学1年生の長女、保育園年少組の次女の3人の子供がいます。時短勤務制度を利用して正社員で仕事を続けてきました。
 2人目を出産してから自分自身に心の余裕が無くなり、精神的に不安定になり始めました。私が長男に優しくできなくなったためか、長男は長女を執拗にいじめるようになり、そのまた長女は次女に意地悪をするという悪循環ができています。
 2年前から、長男は学校の宿題をやらなくなったり、約束時間を守らないなどの行動を取るようになりました。かと思えば元のように、とても優しく素直な一面を見せることもあります。
 私さえ長男のことをちゃんと受け止めれば、循環は良い方向に変わると頭では理解していても、なかなか変えることが出来ません。私自身が生きることが辛い状況です。私にできることは何か、アドバイスいただけたら嬉しいです。
 きよ子(仮名)

 

<ミセス・パンプキンからのコメント>

母親にとって子供は命

私は今のきよ子様の状態が手に取るように理解できます。私も仕事を持ちながら大家族の切り盛りをし、精神的な余裕などいつもなく、つい子供たちの小さな失敗にも感情的に叱ったり、上の子を一番よく叱ったのは、未だに私の胸を痛める悔いのある記憶の数々だからです。

私の家事には家族からいつも完璧を求められたため、仕事と家事に相当な時間を割き、常に緊張が伴い精神的にぎりぎりの状態でした。そんな私ですが、生きるのが辛いと思ったことは一度もありません。

それは私が母親の本能として、子供がとても大切だったからです。どんなに大変なときも、私の心はいつも、母親を必要としている子供にありました。振り返ればそのことが、当時の私を支えていたことに気づかされます。

次ページ一番大変な山は越えている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。