「カタカナ社名」の就職先を親に反対されたら? 「もっと有名で安定した企業に就職してほしい」

✎ 1〜 ✎ 244 ✎ 245 ✎ 246 ✎ 最新
拡大
縮小
自分の進みたい進路と周囲の反応が食い違っているときは、どうしたらいいのでしょうか(写真:mits/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

就職活動にあたって自分が希望する会社の業種が(少なくとも親世代にとっては)マイナーなのと、あと会社も一般的には有名ではなくカタカナのせいもあるのか、親に大反対され、悩んでます。
もっと有名で安定した企業に就職してほしいと考える親の気持ちも十分わかるのですが、就職するのは私であり親ではないので、どうも腑に落ちません。
もちろん学費を出してくれた親が納得する就職をするのがベストだとは思いますが、議論は平行線で何の解決にも至りません。こういった場合はどうするのがよいのでしょうか。くだらない相談ですいませんが、当方まじめに悩んでます。よろしくお願いします。
大学生 だいごろう

最終判断は自分自身で下すべき

社会人になるにあたっては自分が納得する人生を歩んだほうがよいと明言できます。親や周りが与えてくれるのは人生における正解でも成功へのパスポートでもありません。決断を下すためのアドバイスや参考意見程度です。

この連載の記事一覧はこちら

だいごろうさんは今後大人として自分自身の人生を歩むことになるのですから、そういったアドバイスなどを参考にしたうえで、自分で最終決断を下すべきです。

そして最終判断をご自身で下すべく、やるべきことは親御さんの説得ではなく、自分自身の本当の意味での納得を得ることです。

今後は、周りがやることややるべきことを定義し与えてくれる学生からは卒業し、自分自身の人生を歩むことになるので、自分自身の行動とその結果に責任を取る気概を貫けないようではこの先長い人生の旅を歩むことは難しいでしょう。

次ページ人生において「絶対の正解」は存在しない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT