コロナ禍で見えた「日本人の原始的な働き方」

総理に直談判した働き方改革のサードドア

長時間通勤をやめて在宅勤務にすれば、メリットがたくさんあります(写真:xiangtao/PIXTA)
12万部突破のベストセラーとなった、アレックス・バナヤン著『サードドア:精神的資産のふやし方』。
「人とのつながり、縁(えにし)がものごとを動かすものなのだと感じています」。そう語る小室淑恵氏は、日本でいち早くワークライフバランスを提唱し、コンサルタントとして日本企業の働き方改革を牽引してきた。
日本人の長時間労働からの解放をミッションとしている小室氏は、どのような道を私たちに提言するのか。前編「日本の働き方をひっくり返した起業家の熱情」に続く後編をお届けする。

人とのつながりが信念を運んだ

『サードドア』にはメンターやインサイドマンの存在が大きく描かれていますね。著者アレックス・バナヤンがいきなり成功者に接触しようとしても難しく、まずは協力者が現れて助けられます。私もこれまで、本当に大事なところでメンターやインサイドマンに出会ってきました。

話題のベストセラー『サードドア:精神的資産のふやし方』の特設サイトはこちら。桜バージョンは一部書店で限定販売中(画像をクリックするとジャンプします)

私にとって働き方改革の頂上戦は2016年でした。当時、総理官邸で安倍晋三首相に直接お会いして、25分間で「労働基準法を改正して労働時間の上限を作るべきだ」というプレゼンをしました。

その1か月後に「働き方改革担当大臣」が設定され、2年後には法改正が実現したわけですが、この官邸プレゼンにたどりつくために、インサイドマンが導いてくれました。

当時の私は、働き方改革をしなければ、この国が少子化による財政破綻に向かってフリーフォールを落ちていくんだということを、毎日のように説明してまわっていました。その中で知人の一人が「小室のその話は重要だから、政治の中枢にいる人に聞いてもらうべきだ」と、面会をセットしてくれました。

次ページ「総理の時間をもらいましょう」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。