「スピルバーグやゲイツ」も通った成功への裏道

自分の小さな殻を打ち破る「サードドア」

『サードドア』の著者アレックスは、成功への秘密のドア、第3のドア(サードドア)は誰にでも必ずあると言う(写真:themacx/iStock)
「ビル・ゲイツに会いたい」。退屈な大学生活に嫌気がさし、「自分らしい人生のはじめ方」を教わろうと著名人に突撃インタビューを行った18歳のアレックス・バナヤン。スティーヴン・スピルバーグ、レディー・ガガなど多数のセレブに取材した日々をまとめた『サードドア』の日本語版がついに発売される。18カ国で刊行、全米ベストセラーとなった本書の魅力を、塩野誠氏が解き明かす。

成功者だけが知っている秘密のドアとは?

ビジネスパーソンにとって恐ろしい本が出たものだ。世の中にあふれるあまたの自己啓発本を蹴散らす威力を持っている物語である。

誰もが一度は、人生やビジネスにおいて成功者としてメディアに出ている人たちを見て、こう考えたことがあるはずだ。

・あの人は、どうやってあんなに成功したのだろうか?
・あの人が、あそこまで努力できる秘密はなんだろうか?
・どうしてあの人だけが、あれほど有名になれたのか?

彼らは、ごく普通の人には知りえない、成功への秘密のドアを知っているかのようだ。『サードドア』は、これを3つのドアのメタファーで説明する。

第1のドアは正面入り口、世の99%の大勢が列を成して並ぶ狭き門だ。第2のドアは裕福な家や名家に生まれた人、あるいは特別なコネがあるなど、選ばれた人だけが通れるVIP専用の入り口だ。

全米話題のベストセラー『サードドア』の特設サイトはこちら(画像をクリックするとジャンプします)

普通に生きていると、人生にはこの2つしかドアがないように思えてくる。でも実は、いつだってそこにあるのに、誰も教えてくれないドアがある。行列から飛び出し、裏道を駆け抜け、キッチンをこっそり通り抜けたその先に、成功への秘密のドア、第3のドア(サードドア)は必ずあると著者は言う。そして、世界屈指の成功者たちは、みなサードドアをこじ開けてきたのだと。

次ページ普通に生きる私たちにも第3のドアはあるのか?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング