87歳バフェットに学ぶ億万長者への9つの視点

なぜアップルを評価し仮想通貨はダメなのか

87歳になったW・バフェット。「超」のつく億万長者の言葉を学べば賢いおカネ儲け の本質がわかるはずだ(筆者撮影)
世界一の投資家であるウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイの株主総会(米国のネブラスカ州オマハ)が終わった。53回目の今回は今までと何がが違ったのか。今年も国際的なアナリストで独立系資産運用アドバイザーの尾藤峰男氏が、個人投資家が学ぶべき「9つのポイント」をレポートする。(本文中敬称略)

なぜ4万2000人が株主総会に押し寄せるのか

今年も、私はバークシャー・ハサウェイの株主総会に参加するためオマハにやってきた。5年連続の参加だ。総会開催日(5月5日)の2日前の便に乗ったのだが、シカゴからオマハへのエアバス319便は満員状態(150席程度)。乗客は、いかにも金持ちそうな老婦人、幼児3人を連れた家族、投資の研究熱心そうな若者、そしてわれわれのような一般投資家と多士済々だ。そして何よりも印象深いのは、その眼は生き生きと輝いていることだ。

53回目の株主総会の開場を待つ人々。1万8000人収容のアリーナに4万2000人もの人が押し寄せるのはすごすぎる(筆者撮影)

なぜバフェット率いるバークシャー・ハサウェイ株主総会に4万2000人もの株主が世界中からはるばる米国の田舎の町、ネブラスカ州オマハに来るのか。それは誰もが認める世界最高の投資家ウォーレン・バフェット、パートナーのチャーリー・マンガーから、投資から政治・経済、人生まで、深く貴重な示唆を受けようとするためだ。しかも、それに応えようとするバフェットの言葉は感銘を受ける。

「バークシャーの株主総会で、おカネをわれわれに託してくれた人たちと会える、われわれにとって大いに楽しめる機会だ。われわれはその人たちをパートナーと見る。決して顔のない人たちではない。私は、そういう人たちに会えることが心からうれしい。それはいつも日常やっていることに真の意義を与えてくれる」。その言葉は、Q&Aの模様がライブでWeb視聴できる中でも、わざわざ遠路オマハまで来る、大きな誘因力になっているのである。

さて「バフェットの金言」を聞く前に、総会にはさまざまな楽しい「仕掛け」があるのだが、まずは総会のスケジュールから見ていただきたい。

次ページ総会は朝7時開場!会社の広報ビデオがハンパない!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?