「たくさん貯金できる人」は、どこが違うのか

ウォール街の金融マンも学ぶ「心理学」<下>

実は誰でも「おカネが貯まる人」になれるかもしれない(写真:photomai / PIXTA)

「どうせ自分はおカネ持ちになれない」

「投資に成功するはずがない」

このように、おカネに対して潜在的にネガティブな考え方を強く持っていると、ネガティブな情報ばかりを集めてしまい、おカネ持ちになれなくなる。そんな話を前回の「オカネ持ちになれるか、すぐ判る『10の質問』」でご紹介しました。

おカネ持ちになりたい人は、まず自分のおカネに対する潜在意識を把握する必要があります。そして、そのための10の質問を、前回の記事の終わりに書きました。

ここでもう一度、書いておきますね。今回は、質問番号やご自分の回答をメモに書いておくとスムーズかもしれません。

「おカネに対する意識」がわかる10の質問
1、父はおカネについて(   )と思っていた。
2、母はおカネについて(   )と思っていた。
3、幼いころ、私はおカネについて(   )だと感じていた。
4、私の家族にとって、おカネは(   )の原因だった。
5、たくさんのおカネを使うことは(   )である。
6、おカネは人を(   )にする。
7、もっと多くのおカネを手に入れるために、私は(  )する必要がある。
8、おカネ持ちになると(   )を失う。
9、仕事で成功すると(   )を失う。
10、おカネの管理は(   )である。

 

さて、皆さんはこのカッコの中に、どのような言葉を入れましたか。「10の質問」で何が分かるのでしょうか。

次ページ10の質問に対する「答え」を見ていこう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。