どこか奇妙…心をざわつかせる絵画たち

美術史からこぼれおちた画家、ヴァロットンの魅力

パリのデモなのに、浮世絵風

最後は木版画を1点紹介しよう。世紀末のパリで、警官に追いかけられて逃げるデモ隊の姿をコミカルに描いている。

フェリックス・ヴァロットン『街頭デモ』1893年、木版/紙、20.3×32 cm、三菱一号館美術館蔵

 ヴァロットンは若い頃から政治や社会に関心を持ち、風刺を込めた作品を描いている。

「自分がデモに参加するわけではありませんが、描くことで主張していました。反体制派で、戦争も取り上げています。スイスのローザンヌで生まれ、プロテスタントの国で育っているので、当時のパリの風俗、歓楽的な文化を、一歩引いて客観的に見つめています」

人口の少ない街からパリに出てきた彼の目には、近代都市の象徴である群衆が新鮮なものに映ったのだという。

白と黒の画面は、マンガを思わせる。

「木版画の技法はヨーロッパでは廃れていましたが、日本の浮世絵の大展覧会が開かれ、それに影響を受けてヴァロットンも挑戦しました。白黒だけで仕上げたものは当時としては斬新で、ほかの作家にはない特徴です」

展覧会では、裸婦像、室内画、風景画、戦争をテーマにした作品など、油彩画約60点と版画約60点が展示され、ヴァロットンの奇妙な世界を味わうことができる。おかしなところに気づいたり、いろいろなことを連想したりして、人とおしゃべりしたくなる展覧会だ。

 

ヴァロットン-冷たい炎の画家
 2014年6月14日~9月23日
三菱一号館美術館
東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL03-5777-8600(ハローダイヤル)
10:00~18:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
月曜休み(祝日と9月22日は開館)
一般1600円、高校・大学生1000円、小・中学生500円
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。