どこか奇妙…心をざわつかせる絵画たち

美術史からこぼれおちた画家、ヴァロットンの魅力

しかし、こうした面白い絵を描く人が、なぜ忘れられてしまったのだろうか。ヴァロットンは神秘的で装飾的な作風の「ナビ派」のひとりとして活動したが、「彼の斬新な画風はナビ派の枠に収まり切れませんでした。どのグループにも位置づけられない、個性的な画家だったゆえに、美術史からこぼれ落ちてしまったのです」

足が見えないワルツ

フェリックス・ヴァロットン『ワルツ』1893年、油彩/カンヴァス、61×50 cm、ル・アーヴル、アンドレ・マルロー美術館蔵

 何組もの男女が踊る『ワルツ』も個性が光る作品だ。右手前の女性の顔にピントが合わせられ、後ろの人々はぼけている。

「この時代の画家は自分で写真を撮り、それを見て描くこともありました。写真の影響がほぼ確実にある作品だと思います。点描で空気感を表現している部分がとてもきれいなので、ぜひ実物を見てほしいですね」

動きを出すためなのか、カップルには足がない。この絵を見た人々はあまりの奇抜さに驚き、受け入れなかったが、ナビ派からは評価され、ヴァロットンが彼らに認められるきっかけとなった。

次ページ結婚直後なのに、どんより
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。