どこか奇妙…心をざわつかせる絵画たち

美術史からこぼれおちた画家、ヴァロットンの魅力

浮き上がる、人間関係の煩わしさ

杉山さんは、現代的なテーマを取り上げるのもヴァロットンの特徴だと言う。『夕食、ランプの光』は、どこの家族にも隠されている、人間関係の難しさ、わずらわしさをうかがわせる作品だ。

彼は34歳のとき、それまで交際していた労働者階級の若い女性と別れ、2歳年上の裕福な画商の娘と結婚した。しかし、妻の親族になじめなかった。

フェリックス・ヴァロットン『夕食、ランプの光』1899年、油彩/板に貼り付けた厚紙、57×89.5 cm、パリ、オルセー美術館蔵 Paris, musée d’Orsay

後姿のシルエットは画家自身。妻とその連れ子と食卓を囲んでいる。

「妻も2人の連れ子も、ヴァロットンに無関心です。正面の女の子は、かわいいというより怖い。私たちのほうに視線を向けているようにも、冷静に状況を観察しているようにも見えます。子供嫌いの彼は、特にこの女の子とうまくいきませんでした。結婚した年の作品なのに、こんなに暗い。右側のフォークが異常に大きいのも怖いですね。新しくできた家族との複雑な関係が表れています」

次ページパリのデモが、斬新な木版画に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。