どこか奇妙…心をざわつかせる絵画たち

美術史からこぼれおちた画家、ヴァロットンの魅力

のどかなようで、不安

次の『ボール』という作品も、のどかな光景のはずなのに不安を感じさせる。少女がボールを追いかけ、遠くに2人の女性が立っている。

「胸騒ぎの原因は、女の子と大人との距離があまりに遠いこと。間がぽっかりと空いています。また、覆いかぶさろうとする木々の影から、女の子が逃げているようにも見えます。大人の世界から逃れようとしている、と解釈する人もいます」

フェリックス・ヴァロットン『ボール』1899年、油彩/板に貼り付けた厚紙、48×61 cm、パリ、オルセー美術館蔵 © Rmn-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski

さらに、ボールを追いかける女の子は上から見た視点で描かれ、遠くの女性たちは横から見て描かれている。2つの視点を組み合わせて1枚に収めていることが、奇妙な感じを増幅させている。

「浮世絵に似た視点のとり方です。彼は絵の中に、見る人を驚かせるさまざまな仕掛けをしています」

次ページ奇抜すぎるワルツ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。