リベラルアーツ教育の最後に「進化論」を学ぶ意味 コロンビア大学教養講座が伝える「学びの核心」

拡大
縮小
「リベラルアーツ教育の総本山」と形容されるアメリカのコロンビア大学では、カリキュラムの最後にダーウィン「進化論」を講義します。その理由は何でしょうか(写真:旅人/PIXTA)
アメリカの名だたる大学のリベラルアーツ教育で最も高く評価されるコロンビア大学では、カリキュラムの最後にダーウィン「進化論」を講義する。その理由は何か。
教養としてのギリシャ・ローマ:名門コロンビア大学で学んだリベラルアーツの真髄』を上梓した中村聡一氏が、リベラルアーツを学ぶ意味やアメリカのエリート教育を支える根本理念について解説する。

人間修養のためのトレーニング

最近は日本でもリベラルアーツ教育の必要性が認識されるようになりました。優秀な人材を次々と輩出するアメリカのエリート教育の源泉が、このリベラルアーツ教育と考えられているからです。

『教養としてのギリシャ・ローマ:名門コロンビア大学で学んだリベラルアーツの真髄』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

アメリカの名だたる大学の中でも、コロンビア大学は「リベラルアーツ教育の総本山」と形容されます。これは、同大学が第1次世界大戦後にいち早くリベラルアーツ教育に取り組み、100年以上にわたって進化を重ねた結果です。

ジャンルとしては「哲学」「宗教」「芸術」「サイエンス」の4分野がありますが、教えるのはその専門技術ではなく、歴史も含めた成り立ちや思想です。それだけのことを教えられる教員が質量ともにそろっている大学は、世界にそう多くはありません。それがコロンビア大学の優位性であり、言い換えるならリベラルアーツの真髄を知る人は世界でもごく少数に限られるのです。

それらの授業で展開されているのは、一般教養というより人間修養のためのトレーニングです。たとえばスポーツにしても、趣味として楽しむだけならともかく、一流のプレーヤーを目指すなら厳しいトレーニングは欠かせません。人間そのものも同様で、トレーニングなくして一流にはなれません。

したがって、授業は何か特定の「知識」を得るためのものとは位置づけていません。まして、「実生活で役立つノウハウ」を教える意図もありません。即物的な交換価値ではなく、ワンランク上の人間になるための試練であり修行なのです。

次ページ学生に与えられる根源的な問い
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT