《プロに聞く!人事労務Q&A》遺族年金を受け取る方法を教えてください。

《プロに聞く!人事労務Q&A》遺族年金を受け取る方法を教えてください。

 

回答者:鈴木社会保険労務士事務所 鈴木ひろみ

質問

 弊社の女性社員A(38歳)の夫(会社員・40歳)が病気により死亡してしまいました。社員Aから「遺族年金を請求したいのだが、どのように手続きすればよいのか?」と相談を受けました。遺族年金を受け取るには、どうすればよいですか? 注意点はありますか? Aには子どもが2人(小学校1年生と幼稚園児)います。(製造業 総務課)

回答  

今回の場合は、厚生年金保険から遺族厚生年金が、国民年金から遺族基礎年金が支給されます。一口に「遺族年金」と言っても、死亡した人が加入していた年金制度により、受給要件等が異なります。

●それぞれの受給要件を確認しましょう

受給要件のポイントは、死亡した人の(1)死亡日の状況、(2)保険料納付要件(要件不問の場合もあります)、(3)遺族の範囲の3つです。

*遺族の範囲のうち、夫、父母、祖父母は死亡者の死亡当時55歳以上で受給資格者になれますが、60歳までは受給権者になれません(若年停止)。また、子、孫は、18歳に達する日以後最初の3月31日までの間または20歳未満で障害等級1級もしくは2級の障害状態にあり、かつ、婚姻していない場合です。

●生計維持要件を確認しましょう。

受給要件の表を見ると、遺族年金を受給できる遺族は、死亡者に生計維持されていなければなりません。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT