日立、中国のエレベーター市場で存在感

年間45万台マーケットを、三菱、コネ社と3社で争う

頭打ちの国内市場もあきらめてはいない。新設だけでなく、既存の昇降機で、保守や耐震、省エネ対策など、リニューアル事業を積極的に狙っていく。まず新設の受注台数は、2013年度に5000台だったが、今後もほぼ横ばいを維持。それに対してリニューアル事業の受注台数は、2013年度の3300台を2015年度には5000台に増やす計画だ。

昇降機やビルメンテナンスを行う、都市開発システム事業の売上高は、2013年度で5626億円。日立全体の連結売上高(約9.6兆円)のわずか5.8%に過ぎな い。これを2015年度には同6100億円にし、海外比率も、2013年度の52%から2015年度には59%に引き上げる計画をブチ上げた。

日立グループの中では、決して中核とは言えないエレベーター事業。それでも今後の中国市場拡大の可能性に期待する声は少なくない。人材育成やサービス強化で基盤を造り、ライバル2社を蹴散らすことができるか。日立の底力が試されている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。