「東大合格請負人」が見た"共通テスト"の超本質

各教科の出題内容から「変化の意味」を読み解く

今年の1月16日から新たに始まった大学入学共通テストはどんな変化があったのでしょうか。各教科の実際の出題内容の変化を踏まえながら、読み解いていきます(写真:YsPhoto/PIXTA)

センター試験が廃止され、今年の1月16日から新たに始まった大学入学共通テスト(以下、共通テスト)。導入が決まって以降、いったいどんな内容になるのか注目を集めてきましたが、ふたを開けてみれば想像以上の大きな変化があり、受験生や業界関係者は騒然となりました。

筆者は、東京大学など難関大を目指す子を指導する「東大合格請負人」として、多くの受験生を指導してきましたが、そうした子たちも例外でなく、この荒波を体験することとなりました。

いったいどんな変化があったのか。また、この変化に柔軟に対応できた子と、対応できなかった子の違いは何だったのか。各教科の実際の出題内容の変化を踏まえながら、読み解いていきたいと思います。

英語は「処理能力」と「検索能力」が問われた

まずは英語です。制限時間はセンター試験と変わらず80分ですが、総語数は、2020年度実施のセンター試験では4384語、2021年度共通テスト5478語と1000語以上増えました。

(問題・図・設問・選択肢すべて含めた数字 2020.河合塾発表)(2021.河合塾発表

この変更は予告されていましたが、従来比でどれだけのスピードアップが必要かを知ると、改めて驚くかもしれません。

仮に40分本文を読んで40分で問題を解いたとすると、1分間に約137語を読み取る必要があります。センター試験では1分当たり約100語でしたので、約4割増しということになります(引用元:明光義塾)。

これだけのスピードとなると、英語の偏差値が65程度ある人でも、全文をキチンと読んで解くのは無理があります。ここで求められているのは、全体を斜め読みして大ざっぱに大意をつかむ「処理能力」と、問われている内容を本文中から探し出す「検索能力」です。以下の問題をみてください。

〔2020 センター試験第4問〕

昨年度実施されたセンター試験では、上記のように読む箇所も限られていて、どこに必要な情報があるのか探しやすいタイプの問題でした。

〔2021 共通テスト第4問〕

今回2021年実施の共通テストでは、複数の情報を1つひとつ対応させながら読んでいかなければなりません。ただ「英語が読めます」だけでは答えられないことがわかります。

次ページ数学も「読む力」が重視された
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT