知らないとヤバい!大学入試の「英作文」事情

ひたすら難化、そして問題も激変している

大学入試から高校入試まで出題が広がっている英作文ですが、どのように対策し、学習していくことが効率的なのでしょうか(写真:PeopleImages/iStock)
2020年といえば東京オリンピックと同時に、教育界でも大きな変化が起こる年です。小学校では「英語」教育が義務化されますし、大学受験では大学入試センター試験の代わりに、大学入試共通テスト(いわゆる新テスト)が始まります。これは、大学受験業界では30年ぶりの大きな変化。それに伴って増加しているのが「自由英作文」です。この自由英作文をマスターするコツを、人気予備校講師の渡辺淳志氏に聞きました。

ひたすら難進化を続ける大学入試英語

少子化やそれに伴う18歳人口の減少、そして大学・学部・学科の新設、一部大学の定員割れや募集停止などのニュースが流れるようになりました。

「大学全入」時代の到来などといわれ、浪人生も激減し、一部医学部などを除いて大学入試を突破することははるかに自分たちの頃よりも楽になっている、そんな印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

ところが、予備校という場で講師として大学入試を突破するための指導を続けていると、上記のような印象とは真逆のことがここ20年間で起きていることがわかります。それは、入試問題の難進化ということです。この入試問題の難進化は、さまざまな論争があったあの「ゆとり教育」の時代もそのペースを落とさずに続きます。つまり、大学入試は1990年以降約30年間にわたり進化と難化を続けているのです。

さらに言うと、私大入試に関してはここ数年、この入試問題の難化に私大定員の厳格化という事態が加わり、特に首都圏の人気私大の大学入試は文系・理系問わず厳しいものになってきています。

次ページ大学入試はちっとも簡単になっていない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。