「東大合格請負人」が見た"共通テスト"の超本質

各教科の出題内容から「変化の意味」を読み解く

3つ目の常識は「本や新聞を読めば読解力が身に付く」です。

「何かを読んでいれば、自然と読解力が身に付いて速く読めるようになる」というのは、はっきりいって誤解です。

「国語力がないのは、本や新聞を読んでいないからだ」という説がありますが、慌ててたくさん本を読み始めたものの、点数が上がらない子はたくさんいました。

正直、「自然と読める人」からすると「読めない人の気持ち」はわかっていないと思います。私はもともと「読めない人」でしたから、これができない気持ちはよくわかります。「正しく読むやり方を知らないと無理」です。

正しく読むには、テクニックを知り、時間もかける必要があるので、適切な指導者に習うのが近道ですが、普段の生活の中でこの力を高める方法もなくはありません。それは、「SNSで情報発信する」「友達と問題の出し合いをする」ことです。例えば、TwitterやインスタグラムなどのSNSで

「疲れた、眠い」

などといった感想ばかり書いている人は、筆者が知る限り、国語が苦手なタイプが多いように思います。逆に、国語が得意な人は

「英文法が苦手な人はこの問題集はやるべき」

「シャーペンではなくボールペンで勉強するのがオススメ」

などと書き込んでいる傾向があります。つまり、自分の経験を伝える習慣がついているのです。

もし読解力をつけたいのであればまず、自分が点数を上げたい科目の勉強法やノートの書き方をアップしている人のSNSを検索して、その人にコメントを書いてみるとよいでしょう。最初は「そのやり方いいな」と思う誰かをマネるのがやりやすいです。

コメントのポイントは、1回目は「私もそれ使ってみます」と書き込んで、実践したらもう一度その人にリアクションしましょう。「このペン使いやすかったです、教えていただいてありがとうございます」など書き込むと、その相手は、あなたにもっといろんなことを教えてあげたくなります。そういう行動が、自分にとってよりよい習慣を身に付けることにつながります。

ぜひ試してみてください。

3つの常識を見直し、自分の力で情報も結果もつかもう

過去のやり方では通用しなくなった部分があったと捉え、ぜひ来年以降に受験する方は、参考にしていただけたらと思います。

周りに流されてしまう3つの常識を見直して、自分の力で情報も結果もつかみとりましょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT