「速すぎる箱根駅伝」厚底靴、本質すぎる5大貢献

「靴の性能だけじゃない!」何を変えたのか

厚底靴がもたらした劇的変化のもうひとつは、「コンペティションモデルであれば、高価格帯でも履く」という「シューズマーケットのパラダイム」を変えたことです。

【4】価格が上がり「靴の開発費」にかけられる

これまでのコンペティションモデルは、高くてもせいぜい2万円程度でした。それが「ヴェイパーフライネクスト%」で約3万円、「アルファフライネクスト%」で約3万3000円と、1.5倍近く値段が跳ね上がりました。

発売された当初はその価格に驚きましたが、今や各社横並び。これくらいの高価格帯になれば、シューズのクオリティを上げるために、もっと開発費も投入できる。メーカーにとっては喜ばしいはずですし、選手にとっても、よりいい靴を手に入れるチャンスが広がった、ともいえるのです。

【5】ケガをしにくくなり、トレーニングも変わった

厚底靴による5番目の貢献は「ケガの予防」と「トレーニングの変化」です。

クッション性や反発性の高い厚底シューズが主流になることで、「足への負担」が減り、「ケガの予防」にもつながっているのです。

また、「ケガが減ることで、故障せずにトレーニングを続けられている」「足への負担が減ることで、質量ともに、よりトレーニングメニューを積めている」という声もあります。

箱根駅伝、歴史が変わる「最強の1年生」の衝撃」で解説したように、選手の高速化の背景には、「シューズそのものの性能」と「そのシューズによって、選手たちのトレーニングの質と量が上がっている」という両方の面があることを見逃してはいけません。

ナイキはなぜ「イノベーション」を生み出せたか?

日本でもベストセラーになった『SHOE DOG』でも描かれているように、創業者のフィル・ナイトは「陸上選手としてのバックグラウンド」をもっています。だから、「利益先行」ではなく、常に「ランナーファースト」。そこにナイキの「哲学」があります。

「アスリートの声を聞く」ことと、「トップのエリートアスリートだけがアスリートなのではなく、身体をもつ者はすべてアスリートだ」という言葉に集約される哲学が、今のナイキにも脈々と続いているのです。

そして、その哲学を遂行するために、「ビッグデータを活用したシューズづくり」をしているのも大きなポイントです。

次ページビックデータで「ジレンマ」を解消
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT