「速すぎる箱根駅伝」厚底靴、本質すぎる5大貢献

「靴の性能だけじゃない!」何を変えたのか

コロナ禍の影響でどのシューズメーカーも大きな打撃を受けています。懐事情の苦しい今、これまでのように手厚くサポートをするのが難しくなっています。よって、選手自らが「自分の足や走り、そして懐具合に合うシューズ」を選ぶ傾向が強くなっているのです。

結果として、シューズの選び方が「本来の姿」に戻っているともいえます。

「シューズ戦争」は新たな時代に

今後、その流れが加速すれば、現状の「ナイキ一択」から、他のブランドを選ぶ選手ももう少し増えるかもしれません。そのような兆しも感じています。

西本 武司(にしもと たけし)/「EKIDEN News」主宰。『あまりに細かすぎる箱根駅伝ガイド!2021』監修。吉本興業、ほぼ日刊イトイ新聞を経て、一般社団法人OTT代表理事。「オトナのタイムトライアル」など新しいレースを企画する。走ること、見ることと多角的にマラソンレースを楽しむ。2017年ニューヨークシティマラソンにて(写真:EKIDEN News)

マニアックな観戦の仕方としては、「誰がどこのメーカーのシューズを履いているのか」ではなく、「誰がどのメーカーの、どのモデルを履いているのか」まで見るとおもしろい。

それだけ、シューズ選びに「選手の個性」が出てきています。

いつも解説することですが、学生駅伝の世界では、選手は「ユニフォーム」については、大学と契約したメーカーのものを着ることになっています。

でも、「靴」だけは、選手の感覚を優先して好きなものを選ぶことができる。そこだけはどんな指導者も制限できない、選手の唯一の「聖域」みたいなところです。

こういったバックグラウンドを知りながら、シューズに目を向けてみると、箱根駅伝は「また違った世界」が見えてくるはずです。

「厚底靴の進化」とコロナ禍によって、選手が「自分の好きな靴を履く」という原点回帰が、いまさらに加速しているのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT