名店も閉店・休業「スナック」何とも厳しい現状

模索続く中、ママたちが活路を見出したのは

さらに、お客として利用する人の6割はスナック初心者である。これまで、馴染みがない人に敬遠されがちであったスナックがオンライン上で楽しめるようになり、ハードルが下がったようだ。また、料金やママのキャラクターが可視化されたのも大きい。

レビューには、「嫌なことや理不尽なことがあっても、皆さんと話していると忘れられます」「自粛期間中に久しぶりに大笑いして椅子から落ちそうになりました。いつでもオンラインで行けるので助かります」などの声が並ぶ。

ママにとっても希望をあたえられた

癒されたのは客だけではない。「夜の街クラスター」「3密の温床」「時短・自粛」と言われ続け、お店を開けること、ひいてはスナックという商売を続けることに思い悩むママたちにも希望を与えることができた。

あるママは、オンライン上で喜んでいるお客様の姿を見て、「このままスナックを続けていいんだ」という自信を得たと話してくれた。さらにGOTOトラベルを利用し、「オンラインで出会ったお客さんが会いに来てくれた!」という声も数多くいただいた。

オンラインであっても、スナックが日常から切り離された癒やし空間であることに変わりはない。コロナ禍によって店を閉めるママも、続けるママも、新たな営業スタイルを模索するママもいる。ただ、みんなに共通しているのは、「人が好き」ということである。

ネットを介して全国のママとコミュニケーションができる「オンラインスナック横丁」(写真:筆者提供)

人が好きだからこそ、苦しいときでも、思い悩むことがあっても、スナックでストレスを発散したり元気になったりしてほしいと願うママがいて、明日を生きる勇気を与えられたお客さんがたくさんいる。

コロナ禍であるいま、人々との距離は変われど、コミュニケーションの重要性は失われていない。むしろ私たちは、人が人を元気づけるスナックのようなコミュニケーションスタイルを、かつてないほど欲している。

だからこそスナックという形が未来へと続いていくよう、各店舗のママたちは感染症対策に最大限の気を配りながら、いまもその文化を守り続けている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT