横浜のタクシー「観光客減も意外に稼げる」秘密

流転タクシー第10回、コロナ禍の横浜の実情

ピーク時には100台以上が付け待ちをする横浜駅西口(筆者撮影)

横浜駅西口は、関東でも有数のタクシーの付け待ちスポットとして知られている。常時30台以上が列をなし、ピーク時ともなれば優に100台以上のタクシーが入り乱れる特異な場所だ。

新型コロナウイルスの影響で、以前より利用者数は減少しているのだろう。それでも、スーツケースを引いた乗客が足早にタクシーに乗り込んでいく姿が散見され、そのたびに待ち車両が後尾から続々と乗り場へと入ってきていた。

東京で11月28日から始まった時短要請の影響もあり、横浜でも11月最終週の週末は壊滅的な状況だったという。それでも総じてみれば、利用者の推移や売り上げはそこまで悪くない、という声も聞こえてくる。12月最初の週末、横浜駅西口を拠点に3つのタクシーを乗り継ぎ、ドライバーにコロナ禍の横浜の事情を聞いた。

人口とタクシーの需給バランスがとれている

神奈川県タクシー協会に登録されている横浜地区のタクシー業者は約100社。人口密度で東京23区に次ぐ全国2位の横浜は、東京の約4万5000台に対して約7000台(神奈川県で約1万3000台)のタクシーが稼働する。

2015年度の数値だが、神奈川県では年間約1億5000人がタクシーを利用し、単純計算で県民一人あたりにつき年間11.5回タクシーを使用していることになる。東京との比較でも、人口とタクシーの需要供給のバランスがとれた地域という見方ができるだろう。

「横浜は普段使いの移動でタクシーを利用する人が多い印象です」と話すのは、横浜の老舗タクシー会社に勤務する吉岡さん(仮名・78歳)。生粋の“ハマっ子”である吉岡さんは、経営していた建築会社の倒産を期に転身した、ドライバー歴25年のベテランだ。

「横浜は広く、市内のエリアによっても全然特徴が異なるんですよ。比較的裕福な人が住む山手の住宅街なんかは、駅から距離があることも多いでしょ。それなら、タクシーに乗っちゃえ、という人も一定数いる。

横浜って、車の保持率と住民の収入、そしてタクシーの台数の3つのバランスが絶妙な場所なんですよ。だから、無線配車(客に依頼された指定場所に無線で指示を受けて向かうこと)の数がかなり多かったりします。

4~6月は非常に厳しくて、私らみたいな嘱託社員は台数を会社が減らしていたから、そもそもほぼ勤務に入れなかったんです。ただ、会社がしっかり休業補償してくれたので食べていけました。

次ページ都内への出勤で利用する人が増えた
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT