「インターンシップの評価が高い会社」トップ10

1位ニトリ、2位凸版印刷、雰囲気の伝え方がカギ

3位の三井住友海上火災保険を評価する学生は向学心が高い。目立つのは「理解が深まった」という表現だ。「内定者や社員と話す機会が多く、事業や社風についての理解が深まった」(早慶大クラス・文系)、「業界理解、職種理解が深まる内容だった。社員と少人数で話せる機会があった」(早慶大クラス・文系)

期間も長いが、学生へのフォローは行き届いている。「プログラムが終わった後も、自宅に社員の方からのメッセージカード、フィードバックが届くなど、かなり丁寧なインターンシップだった」(上位私立大・文系)

インターンシップの内容も練られており、学生は「客観的」と感じている。客観的だと納得しやすく好感を得やすい。

「今年度の内定者の方がインターン参加者を見てくださり、客観的な視線で自身がどういう立ち回りをしていて、どこが強み弱みなのかを知ることができた」(上位国公立大・理系)

社員の「笑顔」が好印象

4位のJTBグループへのコメントで目立つのは、「笑顔」「楽しそう」「魅力的」。「笑顔が素敵だった」(中堅私立大・文系)、「社員の方が楽しそうに話していた」(上位私立大・文系)といい、旅行業は接客サービス業だから、人間力に富む社員が多そうだ。「座談会」や「懇親会」と書いた学生も多い。期間は5日だが、学生を飽きさせない工夫があるようだ。

「座談会を多く設けてくれた」(その他国公立大・文系)

「インプットとアウトプットのバランスが取れていて、企業についての理解が深まっただけでなく、就活生としてのスキル向上も実感できるプログラムだった」(旧帝大クラス・文系)

ここまでの企業4社への評価では圧倒的に文系が多かったが、5位のNTT西日本では文系9名、理系10名と文理がほぼ同数だ。NTTの通信事業は誰でも知っていること。学生のインターンシップ評価ポイントは「社員」にある。

「本社が綺麗で、人も素敵だった」(中堅私立大・文系)

「社員がフランク、個別質問にも丁寧に答えてくれた」(上位国公立大・文系)

「ビジネス体験の担当者からのフィードバックがとてもよかった」(その他国公立大・文系)

次ページ「社員」が印象を左右する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT