「コロナ禍の中で評価を上げた会社」ランキング

社員のクチコミデータ・評価を基に傾向を分析

コロナ禍の中、評価を上げた会社はどこか? (写真:KY/PIXTA)

「変化する時代に生き残る会社の条件」とは――。

日本は「働きがい」において世界でも最低水準にあるといわれている。しかしそんな日本のジョブマーケットや労働環境に地殻変動が起きている。

『就職四季報』(企業研究・インターンシップ版)特設サイトはこちら

ここ数年、政府主導の労働政策により、時間外労働の規制や、同一労働同一賃金、副業・兼業促進などが進められており、終身雇用・年功序列型賃金・新卒一括採用といった雇用制度の見直しや、メンバーシップ型雇用からジョブ型雇用へと変化させる企業が出現し始めた。

そこにコロナ禍が加わり、リモートワークの普及や有効求人倍率が大幅に低下するなど、労働環境は大きく変わろうとしている。そんな中、着実に社員からの評価を上げている企業がある。

クチコミの回答を分析

当社が運営している社員クチコミ・転職就職サイト「OpenWork」は、厳密な審査を経て公開している1000万件以上の社員クチコミや会社評価スコアだけでなく、サイトには掲載していないがクチコミ回答時に「e-NPS」という情報を回答してもらっている。

次ページコロナで評価を得た会社とは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT