「インターンシップの評価が高い会社」トップ10

1位ニトリ、2位凸版印刷、雰囲気の伝え方がカギ

新卒採用に向けたインターンシップで学生の好感度が高かった企業はどこか(写真:Ushico/PIXTA)

インターンシップは採用のマストイベントとなり、2022年卒採用ではオンライン対応する企業が急増した。といっても学生が評価する内容に変わりがあるわけではなく、「カッコいい社員」「わかりやすくためになるワーク」「業界研究、企業研究に役立つ」などのポイントは変わらない。

ただ学生のコメントを読むと、「ためになるワーク」や「親切な社員」でも、企業の独自文化が学生の感想に反映されているように感じる。具体的なコメントを引用しながら「学生の感じ方」を検証してみたい。

使用するデータは、「印象の良かったインターンシップ」の調査結果だ。この調査はHR総研が「楽天みん就」と共同で実施した「2021年卒学生の就職活動動向調査」(2020年6月8日~23日実施、有効回答数1496件)の設問だ。1人1社しか投票できず、「最も印象の良かった企業」のインターンシップランキングと言える。

トップはニトリ

2020年卒を対象としたインターンシップ好印象企業記事は昨年9月に掲載した (「インターンシップ『学生のウケが良い』トップ10」) 。

『就職四季報』(企業研究・インターンシップ版)特設サイトはこちら

2020年卒と2021年卒のトップ10を比較すると、昨年からの常連はニトリ、三井住友海上火災保険、JTBグループ、日本航空(JAL)、東京海上日動火災保険の5社。新顔は凸版印刷、西日本電信電話(NTT西日本)、東海旅客鉄道(JR東海)、SCSK、第一生命保険の5社だ。

目立つのはニトリと凸版印刷だ。常連組は毎年上位に位置しているが、ニトリは2位から1位に躍り出た。そして新顔の凸版印刷はいきなり2位に登場している。

【2020年11月9日13時20分 追記】記事初出時、ランキングの集計数字に一部誤りがありましたので、上記のように修正しました。文中の順位も修正しています

次ページ「ゲームが楽しい」と高評価
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT