「インターンシップの評価が高い会社」トップ10

1位ニトリ、2位凸版印刷、雰囲気の伝え方がカギ

1位のニトリへの学生コメントで目立つのは「楽しい」という形容詞だ。「楽しかった」(旧帝大クラス・文系)、「ただ楽しい」(その他国公立大・理系)、「ゲーム形式で理解できて楽しかった」(上位私立大・文系)と素直に喜んでいる。

内容も下記のコメントから想像できる。学生はニトリの提供するゲームにはまっており、内容も進行もかなり吟味されていることがわかる。

「ボードゲームを通してのビジネスモデルを簡単に理解することができた」(上位私立大・理系)

「ゲーム性のあるわかりやすいインターンシップだった」(上位国公立大・文系)

「実際に経営者の立場で人員を動かすゲームが体験できた」(早慶大クラス・文系)

社員のキャラクターも好感度を左右するが、ニトリには後輩の面倒見がいい先輩が多そうに思える。

「新卒担当の社員の方との距離が近かった」(早慶大クラス・文系)

「社員さんと触れ合える、かつ社員さんが明るい人ばっかりだった」(早慶大クラス・文系)

体験・体感型が人気

2位の凸版印刷はグループでのワーク、事業内容の体感が評価されている。「業務体験のワークができた」(上位私立大・文系)、「クライアントの課題解決」(上位私立大・文系)という声もあり、体験・体感はインターンシップのキーコンセプトになりつつある。

社員の対応も丁寧だ。「社員が1人ついてくれる業務実習だった」(早慶大クラス・文系)、「社員の雰囲気」(早慶大クラス・文系)、「先輩社員との個別座談会」(その他私立大・文系)とあるが、年齢が自分に近い若手社員への親近感があるようだ。

近年のインターンシップは競争倍率が高く、希望しても選考によって落とされることがある。採用選考の前にインターンシップ選考という壁がある。ところが、凸版印刷は太っ腹。「1dayインターンシップには選考がなく、門戸が誰にでも開かれていた」(早慶大クラス・文系)。こういうところを好感する学生は多そうだ。

次ページ向学心の高い学生に好評
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT