高望みアラフォー女性が婚活で惨敗するワケ

「最後のチャンスに出産したい」という常套句

希望する相手とは、お見合いができない。また、コロナで婚活することを会社から制限される。そんな悪循環が彼女をますますいら立たせているのがわかった。

結局、その2つのお見合いは、返事をしないままに流してしまった。

5月に入って緊急事態宣言が明け、満江は年下の1000万円以上の男性6人にお申し込みをかけた。しかし、OKの返事は1件ももらえず、「ここには、私が結婚したいと思う男性はいませんでした」という言葉を残して、6月の末に私の相談所を退会していった。

婚活をして結婚するというのは、どういうことか

選べる相手はサイトの中に無数にいるし、お見合いの申し込みをかけるのは自由だ。

しかし、選ばれるよりも選ぶことばかりを考え、相手への理想を高く掲げていると、結婚にはたどり着かない。

50歳で私の相談所に入り、「子どもが欲しい」と言って、30代の女性にばかりお申込をかけている男性がいる。あれから3年が経ち53歳になったが、今も婚活真っただ中だ。昨年あたりから、女性の年齢を42歳まで引き上げたが、それでも結婚する相手にめぐり逢えずにいる。

出会いを放棄したら結婚はできないのだから、会い続けることが大事なのは言うまでもない。しかし、お見合いできたとしても、相手の気持ちをこちらに向けることができなければ、結婚にはたどり着けない。

男女ともに、“子どもが欲しい”という思いが、相手の年齢に制限をかけ、それが婚活を難しくしている。また、年収の高い女性は、年収の低い男性を選ばない傾向にあるのも婚活をこじらせている。

ただ、今の社会の中では結婚することが“人生における絶対的な価値”ではないので、自分が掲げている条件を取り下げて、妥協して結婚していくこともほぼ無理な話なのだろう。

婚活はしてみたが、理想の相手には出会えず、満江のように婚活市場から去っていくのも、個人の選択なのかもしれない。

今、なぜ自分が結婚をしたいのか。婚活に苦戦している婚活者は、今一度原点に立ち返って考えてみてほしい。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT