高望みアラフォー女性が婚活で惨敗するワケ

「最後のチャンスに出産したい」という常套句

「子どもが欲しい」と願って婚活に参入した女性が、なぜ婚活市場から去ってしまったのだろうか(写真:8x10/PIXTA) 
婚活市場に参入したときに、誰もが陥る落とし穴がある。それは“自分の理想を曲げずに相手を選ぼうとすること”だ。しかし、選ぼうとしている相手からは、なかなか選ばれない。その厳しい現実に直面したときに、どうしたらよいのか。
仲人として婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、選ぶことばかりに固執し、数カ月で婚活市場を去った女性の話を軸にしながら、「婚活で結婚をするということ」を、改めて考えてみたい。

最後のチャンスに結婚して子どもが欲しい

現代の婚活は、婚活ポータルサイトに登録してマッチングを行うのが主流。そこには何万人という登録者がいるので、初めて参入した婚活者は、「こんなに選べる相手がいるのか」と驚くだろう。しかし、自分が会いたいと思う相手からはなかなか申し込まれない。また、会いたいと思う相手に申し込んでも、なかなか受けてもらえないのが現状だ。

この連載の一覧はこちら

年明けに入会面談にやってきた大手企業に勤める満江(仮名、40歳)も、後にそれを感じることとなる。

「39歳なのですが、2月に40歳になります。今年中に結婚を決めて、最後のチャンスに出産もしたいんです」

満江は、開口一番にこう言った。アラフォーで婚活市場に駆け込んでくる女性の多くがこの言葉を口にする。そして、なぜこれまで独身でいたかというと、「恋愛や結婚よりも自分がやりたいことを優先してきた結果」だとも。

満江は言った。

「私が大学を卒業したときは、就職氷河期で大手企業の採用は狭き門でした。大学の仲間が苦戦しているなか、私は一応名前の通った会社に就職をしたんです。でも、一人暮らしなんてとてもできないお給料でした。世の中の景気に左右されている自分が情けなくて、20代はとにかく自立できる実力をつけなければと思ったんです」

実家住まいだったので、少ない給料の中からも貯金をし、キャリアアップを図るために、27歳のときにアメリカに2年留学をした。帰国後に、今の会社に就職をした。

次ページ自立にこだわった理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT