40代女性の婚活を左右するやっかいな「感情」 「私、頑張らなきゃ」の鎧をはずす

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小
40代女性が婚活で失敗するときというのは、モヤモヤや焦り、迷いなどが感情に表れてしまうからなのかもしれません(写真:Ushico/PIXTA)  
結婚相談所の経営者として婚活現場の第一線に立つ筆者が、急激に変わっている日本の婚活事情について解説する本連載。
今回は、40代女性の婚活について、失敗と成功のポイントをご紹介します。

20代、30代とバリバリ仕事をしてきて、40代から婚活を始めるという女性が増えてきました。しかし、正直申し上げて40代女性の婚活は甘くはありません。私は当社に登録を希望される40代女性の方には、最初に次のように言っています。「40歳を過ぎて結婚できるのは1000人に6人です」と。

そんな厳しい中でも、早期に成婚に至る女性もいます。その方は「結婚」という目標意識がはっきりしており、その目標を達成するためには余計な感情を一切挟まない。

婚活3カ月で結婚した43歳女性

先日、結婚した43歳女性Aさん。年収が1000万円近くあり、部下を50人ほど従えている大手企業の部長です。40を過ぎて誰かと一緒に生きていきたいと思うようになったらしく、「子どもはいらないから結婚したい」と入会しました。それから3カ月、10人に会って、9人目に出会った43歳の会社経営者の方とあっという間にご成婚。

この連載の一覧はこちら

Aさんが早期に結婚に至った理由を考えてみると、性格が明るく細かいことにいちいち文句をつけない、そして、目的志向で感情移入をしなかったということに尽きます。

Aさんは、もともと外見は“婚活向き”ではありませんでした。仕事がデキる人ではありましたが、いつもパンツスーツで、髪はパッサパッサ。メイクも仕事終わりのボロボロのままで直してこない。

「そんな状態で婚活の現場に出ていいと思わないでほしい」という指導をしたところ、「自分はこうしたいのに」「言いなりになりたくない」といった感情を一切挟まず、「はい、わかりました」。アドバイスされたとおりにスカートを買ったり、髪を伸ばして巻いたり、みるみる変わっていきました。

次ページAさんがこのほかにしたことは…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT