「自粛中に離婚」30代夫婦が悟った絶望的な亀裂

コロナで思い知らされた"金銭感覚の違い"

結婚後に露呈した金銭感覚の違いは、お互いの育った環境が影響するだけに溝を埋めるのは難しいのかもしれない……(写真:rainmaker/PIXTA)  
最近の婚活業界では、“コロナ婚活”“コロナ婚”の動きも出てきている。新型コロナウイルスの蔓延によって、人と会うことや活動場所が制限されたことで孤独を感じ、家族やパートナーの大切さを再認識し、婚活を始めたり結婚を決意したりした人たちが出てきたからだ。しかし、それとは逆に、コロナによって多くの時間をパートナーと共有したことで、決定的な価値観の違いを感じて破局や離婚にいたったカップルもいる。
仲人として婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「コロナによって離婚を決意した女性」の話をつづる。

コロナで金銭感覚の違いを思い知らされた

8月の末、外資系に務めるという伊保子(仮名、38歳)が、入会面談にやってきた。3つ年下の義太郎(仮名、35歳)と1年半結婚をしていたが、緊急事態宣言明けに離婚。この度、再婚に向けて婚活をしたいという。

この連載の一覧はこちら

「今住んでいるマンションは、私が頭金を出して買ったものだったので、離婚後は彼が出ていくことになりました。

6月に離婚届を提出したのですが、次に住む場所が見つかるまではそのまま同居していたんです。8月にようやく出ていったので、私も心機一転、婚活を始めることにしました」

離婚の原因とは、いったい何だったのか?

「金銭感覚の違いです。それは、お付き合いをする当初から感じていたことですが、緊急事態宣言期間中、四六時中一緒にいて、あることが起こり、もう歩み寄って暮らしていくのは無理だと思うようになりました」

義太郎とは、婚活アプリで知り合った。彼の年収は300万円弱、伊保子は500万円弱。彼の年収が少ないことは気になったが、2人の稼ぎを合わせれば、世帯年収は800万円になる。ならば、普通に暮らしていけると思っていた。ところが結婚をしてみると、異常なくらいお金を出費することに細かい人だとわかった。

「最初は彼が好きだったので、私も言われるがまま、お金をなるべく使わない生活をしていました。でもそういう生活がだんだん息苦しくなっていって。お金は貯まっていくけれど、心が貧しくなっていくのを感じたんです」

次ページ義太郎と伊保子の家庭環境の違い
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT