第1回 日本の経済学・経営学の研究力は高くない

世界大学ランキングでは、東大は30位

日本の経済学・経営学の実力を考える

みなさんは、テレビや新聞・雑誌で、日本企業、特に製造業について次のようなことが言われるのを耳にしたことはないでしょうか。

「技術はあるのです。あとはそれをいかに市場に出して行くのか、また利益につなげるのか、そこが今後の課題ですね」

 かつてDRAMで世界市場の90%を握ったと言われる半導体産業の凋落のみならず、日本のお家芸と呼ばれるデジタル家電や家庭用情報端末――液晶テレビ、スマートフォン、タブレットPC等々――の市場で、日本企業は、韓国、台湾、中国企業の前に苦戦を強いられています。

 そうしたなか、「成長戦略」「産業再生」などのキーワードの下に経済、経営への関心が高まっています。しかし、実は、世界的な基準で見た日本の経済学・経営学の研究力は決して高いものではありません。

 これからそれを示すデータを示していきますが、国別で言えば、先頭グループからかなり遅れている状況です。このことは、実はまだそれほど知られていません。また、経済学・経営力の研究力など、多くの人にとっては、あまり関心がないことかもしれません。しかし、この研究力の低さを放置したままでは、日本経済、産業の再生はおぼつかないのでないか、と筆者は考えています。

 そこでこの連載では、読者の皆さんに次のことを示したいと思っています。

1)産業競争力と経済学・経営学の研究力という、一見距離が離れているように見える両者が実は密接に関連していること。

2)経済学・経営学研究の低迷が「技術があるのに利益が上がらない」という状況をもたらし、日本企業が世界市場で苦戦する大きな要因となっていると考えられること。

3)企業が「ビジネスの研究」を行うことが、産業競争力強化につながること。そのために、文系の修士・博士を活用する余地があること。

 以下の記述には、細かいランキングに話が及んだりして読みにくいところもあるかもしれませんが、最後までお付き合いいただければと思います。

次ページTHE世界大学ランキングでは、東大は30位
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT