第3回 日本の経営学の研究力は低い

なぜ日本のビジネス研究は国際競争力がないのか

前回紹介したScopusは、前出のTHE世界大学ランキングやQS世界大学ランキングの算出に用いられているデータベースで、1996年から2010年までの論文を対象とした国別の被引用数ランキングを27の学術分野ごとに調べることができます。
Scopus;http://www.scimagojr.com/index.php

 研究機関別ランキングを調べたISI web of Knowledgeとは分野の分け方が若干異なっていて、こちらでは「経済」と「経営」は、 “Economy”と “Business, Management and Accounting”という別のカテゴリーとして集計されています(以下、カテゴリーを英語で表記していきますが、がまんしてお付き合いください)。

さらに、Scopusではサブ・カテゴリーの国別ランキングまで知ることができます。例えば “Chemistry”の分野は “Organic Chemistry”や “Electrochemistry”など、七つのサブ・カテゴリーに分類されているのですが、この七つのそれぞれについて、論文の被引用数のランキングを調べられるということです。

 それではランキングを見ていきましょう。なお、これから示すのは2012年10月時点での国別ランキングです。

次ページ“Chemistry”と “Materials Science”の競争力は高い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。