第3回 日本の経営学の研究力は低い

なぜ日本のビジネス研究は国際競争力がないのか

前回紹介したScopusは、前出のTHE世界大学ランキングやQS世界大学ランキングの算出に用いられているデータベースで、1996年から2010年までの論文を対象とした国別の被引用数ランキングを27の学術分野ごとに調べることができます。
Scopus;http://www.scimagojr.com/index.php

 研究機関別ランキングを調べたISI web of Knowledgeとは分野の分け方が若干異なっていて、こちらでは「経済」と「経営」は、 “Economy”と “Business, Management and Accounting”という別のカテゴリーとして集計されています(以下、カテゴリーを英語で表記していきますが、がまんしてお付き合いください)。

さらに、Scopusではサブ・カテゴリーの国別ランキングまで知ることができます。例えば “Chemistry”の分野は “Organic Chemistry”や “Electrochemistry”など、七つのサブ・カテゴリーに分類されているのですが、この七つのそれぞれについて、論文の被引用数のランキングを調べられるということです。

 それではランキングを見ていきましょう。なお、これから示すのは2012年10月時点での国別ランキングです。

次ページ“Chemistry”と “Materials Science”の競争力は高い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。