GDPが戦後最悪の下落!日本企業がすべき4戦略

「コロナ大倒産・大失業」時代に、生き残る秘策は

実質国内総生産(GDP)が戦後最悪の下落。この厳しい時代で生き残る秘策とは?(写真:metamorworks/iStock)
内閣府が8月17日に公表した実質国内総生産(GDP)は前期比7.8%減、年率換算では27.8%減と戦後最悪の下落となった。
「100年に一度の危機」と言われたリーマンショック後の年率17.8%減(2009年1~3月期)や石油危機後の13.1%(1974年1~3月期)を大きく上回った。
『現場力を鍛える』『見える化』など数多くの著作があり、経営コンサルタントとして100社を超える経営に関与してきた遠藤功氏は、「コロナ・ショックの本当のインパクトが訪れるのは、これからが本番。秋から来年にかけて、失業、廃業、倒産など負の連鎖が起きてくるだろう」と指摘する。
「コロナ・ショック」を見据え6月に集中執筆した『コロナ後に生き残る会社 食える仕事 稼げる働き方』を緊急出版した遠藤氏が、「日本企業が生き残るためにとるべき4大戦略」について解説する。

「GDPが戦後最悪の下落」という厳しい現実

コロナ不況は2008年のリーマンショックを超え、ウォール街の暴落に端を発した1930年代の大恐慌に匹敵すると一部では言われていた。その一方で、すぐにワクチンが開発され、それほど大きな落ち込みはないとする楽観的な意見もあった。

『コロナ後に生き残る会社 食える仕事 稼げる働き方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

しかし、現実は私が『コロナ後に生き残る会社 食える仕事 稼げる働き方』で書いていたことがいよいよ起きる段階になってしまった。内閣府が8月17日に公表した実質国内総生産(GDP)は前期比7.8%減、年率換算では27.8%減と戦後最悪の下落となった。

「100年に一度の危機」と言われたリーマンショック後の年率17.8%減(2009年1~3月期)や石油危機後の13.1%(1974年1~3月期)を大きく上回った

実質GDPの実額(年換算)は485兆円に減り、7年半ぶりに500兆円を下回った。日本経済の規模は、東日本大震災直後の水準まで一気に縮んでしまった

コロナ不況の影響が根深いのは、蒸発した「移動」が元に戻ることが期待できないからである。

次ページ1つめの「経営戦略」とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT